「第4回童話の会」イベントレポート

今年も高山市図書館「煥章館」の清水 阿由祐美さんと松本 郁さんのご協力を得て、
6月29日土曜日にフィン・ユール邸で、「第4回童話の会」を開催しました。

当日は日本列島を台風3号が縦断していましたが、おかげさまで飛騨高山の天候は、小雨程度で済みました。

午後1時の開場に、さっそく多くの親子連れの皆さんがお集まりくださいました。

8家族27名の皆さんにご参加頂きました。今回は、2時に開演する前の時間を、親子で「折り紙」をしたり、小さなお子様にも安全な「木のおもちゃ」で遊んでもらえるように準備を致しました。

午後2時、初めにNPO法人の小鷹理事よりご挨拶をさせて頂き、童話の会を開会しました。子供達も最前列に座って、始まるのを待っていました。

最初は「手あそび」のお遊戯を、親子で楽しみます。

続いて、アンデルセン童話の「えんどうまめの上のおひめさま」を、読み聞かせして頂きました。

今度は、お二人で大きな絵本を開きながら子供たちに質問する「おめんです」が行われ、子供たちがお面の下の動物の名前を言い当てるゲームです。

最後は、子供たちに大人気のエプロンシアターです。

子供たちも子ヤギに「がんばれ~!」と声援を送っています。

午後2時30分、本日のプログラムが終了したところで、おやつの時間となりました。

デンマークの紅茶(お子様には麦茶)とクッキーをお出しして、フィン・ユール邸でくつろいでいただく時間を設けました。

おやつの後は、フィン・ユール邸の名作家具で、家族の記念写真をお撮りしました。

当日の午後は、NPOで貸切としていましたので、ご来場の皆様には午後4時まで、フィン・ユール邸の見学やご説明をさせて頂きました。  

ご参加頂いた皆様、誠にありがとうございました。

次回は、10月26日土曜日に開催します。是非、次回のご来場をお待ちしています。

関連記事

  1. 春爛漫フェスティバル 画像
  2. 春爛漫フェスティバル 画像
PAGE TOP